Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市

大阪市は、玉出駅の自転車駐輪場において、指定管理者の管理員が、個人情報が記載されている書類を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、2月7日11時ごろ、個人情報が記載されている「定期契約未更新者リスト」を管理員が紛失したもの。紛失したリストには38人分の氏名や電話番号のほか、満65歳以上、ひとり親家庭世帯、身体障害者などの減額情報が記載されていた。

管理員がリストを入れたファイルを持ち出して自転車駐輪場横の植木の下に置き、自転車の整理をして戻ってきたところ、ファイルがなくなっていることに気づいた。捜索したが見つからず、同市へ連絡した。

通常、書類の持ち出しは行わないことになっていたという。同市では、対象者に電話で連絡をとり、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社