Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市

大阪市は、玉出駅の自転車駐輪場において、指定管理者の管理員が、個人情報が記載されている書類を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、2月7日11時ごろ、個人情報が記載されている「定期契約未更新者リスト」を管理員が紛失したもの。紛失したリストには38人分の氏名や電話番号のほか、満65歳以上、ひとり親家庭世帯、身体障害者などの減額情報が記載されていた。

管理員がリストを入れたファイルを持ち出して自転車駐輪場横の植木の下に置き、自転車の整理をして戻ってきたところ、ファイルがなくなっていることに気づいた。捜索したが見つからず、同市へ連絡した。

通常、書類の持ち出しは行わないことになっていたという。同市では、対象者に電話で連絡をとり、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都