Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市

大阪市は、玉出駅の自転車駐輪場において、指定管理者の管理員が、個人情報が記載されている書類を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、2月7日11時ごろ、個人情報が記載されている「定期契約未更新者リスト」を管理員が紛失したもの。紛失したリストには38人分の氏名や電話番号のほか、満65歳以上、ひとり親家庭世帯、身体障害者などの減額情報が記載されていた。

管理員がリストを入れたファイルを持ち出して自転車駐輪場横の植木の下に置き、自転車の整理をして戻ってきたところ、ファイルがなくなっていることに気づいた。捜索したが見つからず、同市へ連絡した。

通常、書類の持ち出しは行わないことになっていたという。同市では、対象者に電話で連絡をとり、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県