Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市

神奈川県平塚市の市議が、同市の職員だった際に個人情報を持ち出し、自身の選挙活動に利用したとされる問題で、同市は同市議を提訴するため、市議会に議案を提出することを明らかにした。

同市議が在職中だった2018年に個人情報を含むファイルを不正に持ち出していたことが判明したもの。

同市市議会では、2018年11月29日にのべ3万1429件、12月22日にのべ248件の個人情報を持ち出し、選挙はがきの送付に利用したものと結論付けている。

同市議会では2019年8月に同市議の辞職勧告決議を可決。同年11月5日付で元職員だった同市議について個人情報保護条例違反で告発している。

同市は、今回の問題で個人情報を持ち出されたことにより、対象となる住民へ詫び状の送付など損害が生じたと説明。同市議に対して221万620円の損害賠償や訴訟費用の支払いを求める訴訟を提起するとし、3月の同市議会に議案を提出する予定だという。

(Security NEXT - 2020/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市