Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市

神奈川県平塚市の市議が、同市の職員だった際に個人情報を持ち出し、自身の選挙活動に利用したとされる問題で、同市は同市議を提訴するため、市議会に議案を提出することを明らかにした。

同市議が在職中だった2018年に個人情報を含むファイルを不正に持ち出していたことが判明したもの。

同市市議会では、2018年11月29日にのべ3万1429件、12月22日にのべ248件の個人情報を持ち出し、選挙はがきの送付に利用したものと結論付けている。

同市議会では2019年8月に同市議の辞職勧告決議を可決。同年11月5日付で元職員だった同市議について個人情報保護条例違反で告発している。

同市は、今回の問題で個人情報を持ち出されたことにより、対象となる住民へ詫び状の送付など損害が生じたと説明。同市議に対して221万620円の損害賠償や訴訟費用の支払いを求める訴訟を提起するとし、3月の同市議会に議案を提出する予定だという。

(Security NEXT - 2020/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市