Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正

スパムフィルタリングソフト「Apache SpamAssassin」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同3.4.4」をリリースした。

今回のアップデートは、CVEベースで2件の脆弱性に対処したもので、ルール設定ファイルの処理においてシステムのコマンドが実行可能となる「CVE-2020-1930」「CVE-2020-1931」を修正した。

いずれの脆弱性も、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3.1の基本スコアは、最高値10のところ「8.1」とされており、「高(High)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2020/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を