Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店

静岡県で広告代理店を展開しているライフは、同社端末がマルウェアに感染し、関係者に対して同社をかたるメールが送信されているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、1月17日に同社端末がマルウェアに感染していることが判明したもの。同社内でなりすましメールを受信したことから、調査を行ったところ、被害が判明した。

マルウェアの感染により、端末内部に保存されていたメールの送受信履歴が外部へ流出。やりとりがあったメールアドレスに対し、過去にやり取りされたメールの内容を引用したなりすましメールが送信されているという。

同社では、マルウェアへ感染した端末の廃棄や初期化を実施。パソコンやサーバにおけるマルウェアの駆除や、なりすましメールが送信された同社ドメインを含むメールアカウントの運用を中止し、アカウントを削除。別途ドメインを取得した。

今後も同社を装ったなりすましメールが送信されるおそれがあり、受信した場合は、本文中のURLや添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
オンラインストアのセール案内メールで誤送信 - 東京ソワール
ゼロデイ攻撃で受信メールが流出した可能性 - 国立科学博物館
東大教員PCが標的型攻撃でマルウェア感染 - 対策ソフトは検知せず
委託先がランサム被害、発注データ流出のおそれ - 積水ハウス
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
グループ会社で個人情報流出の可能性、機微情報への影響は調査中 - 日本原燃
上下水道関連システムがマルウェア感染、インフラへの影響なし - 大槌町
標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池