Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店

静岡県で広告代理店を展開しているライフは、同社端末がマルウェアに感染し、関係者に対して同社をかたるメールが送信されているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、1月17日に同社端末がマルウェアに感染していることが判明したもの。同社内でなりすましメールを受信したことから、調査を行ったところ、被害が判明した。

マルウェアの感染により、端末内部に保存されていたメールの送受信履歴が外部へ流出。やりとりがあったメールアドレスに対し、過去にやり取りされたメールの内容を引用したなりすましメールが送信されているという。

同社では、マルウェアへ感染した端末の廃棄や初期化を実施。パソコンやサーバにおけるマルウェアの駆除や、なりすましメールが送信された同社ドメインを含むメールアカウントの運用を中止し、アカウントを削除。別途ドメインを取得した。

今後も同社を装ったなりすましメールが送信されるおそれがあり、受信した場合は、本文中のURLや添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大