Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店

静岡県で広告代理店を展開しているライフは、同社端末がマルウェアに感染し、関係者に対して同社をかたるメールが送信されているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、1月17日に同社端末がマルウェアに感染していることが判明したもの。同社内でなりすましメールを受信したことから、調査を行ったところ、被害が判明した。

マルウェアの感染により、端末内部に保存されていたメールの送受信履歴が外部へ流出。やりとりがあったメールアドレスに対し、過去にやり取りされたメールの内容を引用したなりすましメールが送信されているという。

同社では、マルウェアへ感染した端末の廃棄や初期化を実施。パソコンやサーバにおけるマルウェアの駆除や、なりすましメールが送信された同社ドメインを含むメールアカウントの運用を中止し、アカウントを削除。別途ドメインを取得した。

今後も同社を装ったなりすましメールが送信されるおそれがあり、受信した場合は、本文中のURLや添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
委託先が「Emotet」感染、個人情報が流出の可能性 - 相模原市