Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数金融機関が採用するネットバンクアプリに脆弱性

NTTデータが開発し、複数の金融機関が採用しているAndroid向けアプリ「MyPallete」に脆弱性が含まれていることがわかった。

同アプリは、残高照会をはじめ、入出金の通知や明細の確認、ペイジーによる税金の支払いなどの機能を提供しているオンラインバンキング向けのアプリ。複数の金融機関が採用している。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリにおいてサーバ証明書の検証やホスト名の検証における脆弱性「CVE-2020-5523」が明らかとなったもの。

影響を受けるのはAndroid版のみで、iOS版に脆弱性は含まれていないとしている。

通信経路において中間者攻撃により脆弱性を悪用されると、通信内容が盗聴されたり、改ざんされるおそれがある。ただし、パスワードや暗証番号などの認証情報は同脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2020/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件