Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」脆弱性、国内で悪用を確認 - JPCERT/CCが注意喚起

「Firefox」に深刻な脆弱性「CVE-2019-17026」が明らかとなった問題で、国内において脆弱性を悪用した攻撃が確認された。

問題となる脆弱性は、JITコンパイラ「IonMonkey」の処理において、型の取り違えが生じる脆弱性。悪用されるとリモートより任意のコードを実行されるおそれがある。重要度は「クリティカル(Critical)」。

Mozillaでは1月7日に「Firefox 72」をリリースしたばかりだったが、標的型攻撃が確認されているとして、翌8日に同脆弱性へ対応した「Firefox 72.0.1」「Firefox ESR 68.4.1」を急遽リリースした。

JPCERTコーディネーションセンターは、国内に対し、同脆弱性を悪用したと見られる攻撃を確認したことを明らかにし、影響を受けるバージョンを利用している場合はアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も