Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表

一方、流出、紛失件数が1万件以上の事故は全体の15%にあたる103件。このうち半数超にあたる58件がマルウェア感染や不正アクセスによる流出だった。7件あった100万件以上の事故においても、5件がマルウェア感染や不正アクセスが原因となっている。

原因別に見ると、最も多いのが「紛失、誤廃棄」の265件で全体の38.6%を占めた。次いで「マルウェア感染、不正アクセス」が178件で25.9%、「誤表示、誤送信」が146件で21.3%で続く。

媒体別では、「社内システム、サーバ」が288件で42%を占めた。次いで「書類」が261件で38.1%、「パソコン」が55件で8%、「記録メディア」が47件で6.8%だった。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少