Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市

大阪市は、区政に関するアンケートを実施した際、氏名と住所が異なるアンケート用紙を住民へ送付し、個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、市が実施した「区政に関する区民アンケート」において、送付ミスが発生したもの。アンケートを受領した住民から1月8日に問い合わせがあり、問題が判明した。

アンケートの発送業務を委託している事業者に確認したところ、生野区のアンケート対象者全2000人のうち55人について、同市が提供した対象者リストのデータ処理を誤り、送付対象者の氏名と住所がずれた宛名リストを作成。氏名と住所が一致しない状態で発送したという。

同市では委託事業者での個人情報の取り扱いについて、一層の指導徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2020/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
PayPayで加盟店情報など最大約2008万件が流出の可能性 - アクセス権限の設定不備で