Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開

「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に、深刻な脆弱性「CVE-2019-19781」が見つかった問題で、Citrix Systemsはファームウェアのアップデートを1月下旬より順次提供することを明らかにした。また米政府より脆弱性のチェックツールが公開されている。

「CVE-2019-19781」は、リモートより認証することなく、任意のコードが実行可能となる脆弱性。両製品は「NetScaler ADC」や「NetScaler Gateway」としても知られ、同じく影響を受ける。2019年12月に同社は脆弱性を公表したが、アップデートについては準備中としてきた。

今回の問題に関して、同社は米時間2020年1月11日にセキュリティアドバイザリを更新。同月20日に公開する「同12.0」「同11.1」向けアップデートを皮切りに、「同13.0」「同12.1」向けの更新を同月27日、「同10.5」向けを同月31日にリリースする予定であることを明らかにした。

また今回の問題を受けて米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、脆弱性の影響を受けるか確認するためのツールをリリースしている。

同ツールはGitHubより入手することが可能。同庁では同ツールを活用したり、Citrixのアドバイザリを参照して同脆弱性へ対策を講じるよう製品の利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件