Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長

2018年から2023年まで、国内セキュリティ対策ソフトの年間平均成長率は3.4%を維持し、2023年には市場規模が2997億円に拡大すると予想。

特にSaaS型セキュリティ対策ソフト市場は、クラウドへの移行が進むことでセキュリティ関連製品の需要も拡大。2023年までの年間平均成長率は13%と高い水準を維持し、2023年の市場規模を521億円と見込んでいる。

一方、国内セキュリティ対策サービスについては、2019年の市場規模を前年比4.9%増となる8275億円と分析。クラウド環境へのセキュリティシステムの構築や、運用管理サービスの需要拡大などを背景に、2018年から2023年までの年間平均成長率を4.4%と予測。2023年の予想市場規模を9794億円とした。

(Security NEXT - 2020/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ