Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長

IDC Japanは、2019年における国内のセキュリティ対策ソフト製品の市場規模を前年比3.8%増になるとの見込みを示した。特にSaaS型ソフトは、前年比14.5%増と高い伸びを予測している。

2019年上半期までの実績に基づき、国内におけるセキュリティ対策製品やセキュリティ対策サービスについて、2019年から2023年までの同社による市場予測を取りまとめたもの。

同社によれば、2019年における国内セキュリティ対策ソフト製品の市場規模について、前年比3.8%増となる2638億円と分析。2018年に大きく成長した企業向けエンドポイントやメッセージング向けのセキュリティ製品への需要は鈍化したものの、家庭向けパソコンの出荷や、クラウドアプリケーションにおけるアクセス管理製品などが好調に推移しており、前年を上回る成長率となると見ている。

なかでも堅調な伸びを見せたのがSaaS型セキュリティ対策ソフトで、前年比14.5%増、市場規模を325億円と予測。一方クラウドへの移行が響き、アプライアンス製品は前年比2.6%減となる536億円になると分析した。

(Security NEXT - 2020/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応