Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で奨学金決定者を教室に掲示 - 大阪府

府立高校において奨学金の選考結果など個人情報が記載された名簿を教室に掲示していたことが判明し、大阪府は不適切だったとして謝罪した。

同府によれば、日本学生支援機構による奨学金の生徒個別の選考結果が記載された名簿を、教室に掲示していたもの。

2019年度に支援機構の奨学金予約採用決定者となった生徒の個別の選考結果で、3年生の7クラス148人分の氏名と選考結果が含まれる。

12月16日にいったん教室に掲示したが、重要な個人情報が含まれていると教員が判断。他クラスの担任と相談して、表をすべての教室から撤去し、学校に報告した。

2016年度から2018年度に関しても、各年度の奨学金予約採用決定者となった生徒の氏名と、説明会日時などを記載したリストを掲示していたという。

同校では、翌17日に個人情報を不適切に表示したことについて生徒に説明して謝罪。同月24日に保護者説明会を開催し、経緯説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会