Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で奨学金決定者を教室に掲示 - 大阪府

府立高校において奨学金の選考結果など個人情報が記載された名簿を教室に掲示していたことが判明し、大阪府は不適切だったとして謝罪した。

同府によれば、日本学生支援機構による奨学金の生徒個別の選考結果が記載された名簿を、教室に掲示していたもの。

2019年度に支援機構の奨学金予約採用決定者となった生徒の個別の選考結果で、3年生の7クラス148人分の氏名と選考結果が含まれる。

12月16日にいったん教室に掲示したが、重要な個人情報が含まれていると教員が判断。他クラスの担任と相談して、表をすべての教室から撤去し、学校に報告した。

2016年度から2018年度に関しても、各年度の奨学金予約採用決定者となった生徒の氏名と、説明会日時などを記載したリストを掲示していたという。

同校では、翌17日に個人情報を不適切に表示したことについて生徒に説明して謝罪。同月24日に保護者説明会を開催し、経緯説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト