Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」などに深刻な脆弱性、パッチ未提供 - 早急に緩和策実施を

「Citrix ADC(Application Delivery Controller)」および「Citrix Gateway」にリモートよりコードの実行が可能となる深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

両製品は、「NetScaler ADC」や「NetScaler Gateway」としても知られる製品。両製品において現在サポート中のバージョンに、認証なしに任意のコードが実行可能となる「CVE-2019-19781」が明らかとなったもの。

同脆弱性を発見、同社へ報告したPositive Technologiesは、リモートより容易に悪用できる脆弱性であると指摘。アカウントなど入手することなくインターネットより1分以内に内部ネットワークへ侵入が可能になるという。

Citrixより、共通脆弱性評価システムのCVSSのスコアは公表されていないが、同社の分析では最高値である「10」に値すると説明。158カ国で少なくとも8万の企業がリスクにさらされる可能性があると警鐘を鳴らした。

Citrixでは脆弱性の判明を受け、アップデートの準備を進めているが、12月26日の時点で公開に至っていない。同社は緩和策をアナウンスし、利用者に対して早急に実施するよう呼びかけている。

20191227_ps_001.jpg
Positive Technologiesが公開した脆弱性の影響を示すヒートマップ

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中