Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準

11月はオンラインバンキングの不正送金被害が、過去最悪の水準となったことがわかった。フィッシング攻撃がおもな原因となっているとして、関係機関では警戒を強めている。

オンラインバンキングにおける不正送金被害は8月、9月に急激に増加したが、10月、11月はそれらをさらに上回る状況となっている。7月の時点で48件、3100万円だった被害は、8月に105件、6700万円へと倍増。さらに9月は441件、4億800万円と被害が大幅に拡大した。

10月は、件数こそ397件と減少が見られたものの、被害額は5億1900万円に上昇。さらに11月は573件、7億7600万円へと再び大きく増加し、暫定値ではあるものの、件数、被害額のいずれも過去最悪の水準となっている。

期間中、金融機関を装ったメールやショートメッセージで偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が多数確認されており、被害の多くは、フィッシング詐欺により詐取されたアカウント情報が悪用されていると同庁では見ている。

関係機関では、オンラインバンキングにログインする際には、金融機関が提供する公式アプリや、事前に公式サイトをブックマークしておき、アクセス時に利用するようあらためて注意を喚起した。

20191219_np_001.jpg
不正送金被害の推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA