Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし

OpenSSLの開発チームは、「CVE-2019-1551」の脆弱性が明らかになったとしてセキュリティアドバイザリを公表した。

「CVE-2019-1551」は、「同1.1.1」「同1.0.2」の一部処理においてオーバーフローが生じる脆弱性。楕円曲線暗号アルゴリズムにおける脆弱性ではないとしている。

開発チームの分析では、「RSA1024」「RSA1536」「DSA1024」に対する攻撃は困難。「DH512」については悪用は可能だが、攻撃者が秘密鍵を入手することが条件になるという。

開発チームは、同脆弱性の重要度を4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティング。同脆弱性を修正するためのアップデートは、セキュリティアドバイザリを公表した段階では用意しておらず、今後修正する見込み。利用者には緩和策を参照するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明