Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)が提供するストレージ製品「HPE SASソリッドステートドライブ」の一部が、特定の稼働時間を経過すると障害が発生し、データを回復できない状態に陥ることがわかった。

同社によると、稼働時間が3万2768時間(3年270日8時間)を経過すると障害が発生するファームウェアの重大な不具合が明らかとなったもの。障害が発生するとドライブ上のデータを回復できず、さらに同時に稼働を開始したドライブでも障害が発生する可能性があるという。

同社がサーバやストレージ製品で採用するSSDメーカーから特定モデルのファームウェアにおける障害について通知を受け、問題が発覚した。機器の合計稼働時間については、「Smart Storage Administrator」を利用することで確認できるとしている。

同社は顧客向けにサポート情報を公開して対象機器を示すとともに、順次アップデートの提供を開始しており、更新するよう強く推奨。今回の通知で推奨されている解決策を実行していない場合は、今後起こりうる関連エラーに伴うリスクを受け入れたことになるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害