Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)が提供するストレージ製品「HPE SASソリッドステートドライブ」の一部が、特定の稼働時間を経過すると障害が発生し、データを回復できない状態に陥ることがわかった。

同社によると、稼働時間が3万2768時間(3年270日8時間)を経過すると障害が発生するファームウェアの重大な不具合が明らかとなったもの。障害が発生するとドライブ上のデータを回復できず、さらに同時に稼働を開始したドライブでも障害が発生する可能性があるという。

同社がサーバやストレージ製品で採用するSSDメーカーから特定モデルのファームウェアにおける障害について通知を受け、問題が発覚した。機器の合計稼働時間については、「Smart Storage Administrator」を利用することで確認できるとしている。

同社は顧客向けにサポート情報を公開して対象機器を示すとともに、順次アップデートの提供を開始しており、更新するよう強く推奨。今回の通知で推奨されている解決策を実行していない場合は、今後起こりうる関連エラーに伴うリスクを受け入れたことになるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド