Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正

Firefoxの開発チームは、「Firefox 71」をリリースした。重要度「High」を含む複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、動画のフローティング機能やクリプトマイナーのブロック通知機能、ブロックしたトラッカーの集計機能などを搭載。あわせて11件の脆弱性を修正した。

今回のアップデートにおいて重要度が高い脆弱性は、4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている6件。解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-17008」「CVE-2019-11756」を修正した。

さらに「CVE-2019-13722」スタック破壊の脆弱性、域外メモリへの書き込み「CVE-2019-11745」、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2019-17012」「CVE-2019-17013」に対処した。

のこる5件の脆弱性は、いずれも1段階低い「中(Moderate)」。「Use After Free」の脆弱性やバッファオーバーフローが生じる脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開