Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正

Firefoxの開発チームは、「Firefox 71」をリリースした。重要度「High」を含む複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、動画のフローティング機能やクリプトマイナーのブロック通知機能、ブロックしたトラッカーの集計機能などを搭載。あわせて11件の脆弱性を修正した。

今回のアップデートにおいて重要度が高い脆弱性は、4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている6件。解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-17008」「CVE-2019-11756」を修正した。

さらに「CVE-2019-13722」スタック破壊の脆弱性、域外メモリへの書き込み「CVE-2019-11745」、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2019-17012」「CVE-2019-17013」に対処した。

のこる5件の脆弱性は、いずれも1段階低い「中(Moderate)」。「Use After Free」の脆弱性やバッファオーバーフローが生じる脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開