Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性

再生可能エネルギー特別措置法(FIT法)を根拠として提供されている入札システムに脆弱性があり、入札参加者が他入札参加者の情報を閲覧できる状態だったことがわかった。

指定入札機関である低炭素投資促進機構が運用するシステムに脆弱性があり、入札情報の漏洩があきらかとなったもの。

同システムは同機構のウェブサイトを通じて提供されているが、太陽光発電とバイオマス発電の入札において、入札参加者向けの閲覧ページから、事業者や入札価格、入札結果について本来閲覧できない他入札参加者の情報についても特定の操作によって閲覧できる状態となっていた。

実施中だった入札の事業者情報131件や、登録された入札価格8件の情報が含まれる。また非公開情報185件を含む過去の入札情報265件に関する事業者情報、入札価格、入札結果なども閲覧可能だった。

(Security NEXT - 2019/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
申込フォームでセミナー参加者の個人情報が流出 - 愛知県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市