Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を

「BlueKeep」によるコインマイナーをインストールする攻撃は、フランスやロシア、イタリアをはじめ、スペイン、ウクライナ、ドイツ、イギリスをはじめとする多くの国で観測されたという。

インターネット上に公開されたRDPサービスが探索され、標的にされたもので、「BlueKeep」の「Metasploitモジュール」により「PowerShellスクリプト」を実行。さらに複数のスクリプトをダウンロードした上で最終的にコインマイナーをダウンロードし、インストールしていたものと見られる。

同社は悪用の確認件数が上昇傾向にあると指摘。さらに今後、ランサムウェアをはじめ、より深刻なダメージを与えるマルウェアが「BlueKeep」のエクスプロイトを通じて展開される可能性もあるとして、旧OSも含めてあらためて更新プログラムを適用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供