Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生

JCBカードの利用者から個人情報を詐取するフィッシング攻撃が確認された。

ジェーシービーによれば、クレジットカード情報をはじめ、個人情報をだましとるフィッシング攻撃を確認したもの。メールやショートメッセージを悪用し、同社会員向けサービス「MyJCB」に見せかけたフィッシングサイトへ誘導していた。

フィッシングメールは、「必ずお読みください」など、複数の件名を使用。

本文では、クレジットカードが第三者に利用されるおそれがあるなどと不安を煽り、修正情報を再登録する必要があるとだまして、会員サービスに見せかけた偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少