Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載

一方、同機能は結論を導き出すものではなく、あくまでも調査をサポートする機能であるとし、最終的には「人」による判断が必要であることを同氏は強調。リソースが限らている組織も多く、同社ではMSP経由で同サービスを展開していくという。

20191112_ma_002.jpg
画面左から矢井氏、仙田氏、佐藤氏

今回の発表にあわせ、テクマトリックス、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)、三井物産セキュアディレクション(MBSD)の3社は、同ソリューションを採用したサービスメニューを発表。既存のマネージドサービスについて強化を図った。

同ソリューションを採用した理由について、テクマトリックスの取締役上席執行役員でネットワークセキュリティ事業部長を務める矢井隆晴氏は、「原因究明の時間を短縮できる点がメリット。サービス料金を抑えることにつながり、顧客もコストメリットが得られる」と説明。

MBSDでマネージドサービス事業部長を務める佐藤裕貴氏も、「メモリ上に展開されているデータなど消えれば、フォレンジック調査の可能性を失ってしまう。迅速な調査ができる点が大きい」と述べた。また富士通SSLの執行役員常務ビジネスマネジメント本部長である仙田健氏も、レスポンス速度の向上を挙げたほか、他マカフィー製品との親和性についてもメリットがあると語った。

(Security NEXT - 2019/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス