Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市

神奈川県川崎市は、同市職員がメールの送信ミスを隠ぺいした問題で懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は7月26日にイベントの抽選結果を通知するメールを送信。その際に送信先の設定を誤り、50人分のメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。

同日にメールを受信した2人から誤送信を指摘するメールが課のメールアドレスに届いたが、同職員は送信したメールとともに受信した指摘メールを削除。同日、別の1人から同様の指摘をするメールが届いていたが、これも同月28日に削除していた。

同職員は上長への報告を行っておらず、8月2日に同市コンタクトセンターに問題を指摘するメールが届き、送信ミスが発覚。発覚後も適切に報告を行わなかったという。

同市は今回の問題を受け、10月31日付けで同職員を戒告処分とした。また上司2人に対して口頭による注意を行っている。

(Security NEXT - 2019/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県