Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら

KDDIデジタルセキュリティとパーソルテクノロジースタッフは、幅広い経験を持つセキュリティエンジニアの育成事業を開始した。

同事業は、セキュリティ業務未経験からスタートし、最大3年かけて多様なセキュリティ業務を経験することで、幅広い経験を持つセキュリティエンジニアの育成を目指すもの。

パーソルテクノロジースタッフにて研修実施後、KDDIデジタルセキュリティに就業。同社内で最大3年間、セキュリティシステムエンジニアやインシデントハンドラ、セキュリティアナリストなどの役割や業務を、体系的に経験できる。

就業中は、パーソルテクノロジースタッフのキャリアアドバイザーが定期的にフォローアップ。資格取得やキャリアデザインを支援する。就業後は両社いずれかでの雇用や、他企業への就職などの選択肢を想定しているという。

20191105_kd_001.jpg
人材育成のイメージ(画像:パーソル)

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省