Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし

日本郵便は、同社が提供する「レターパックライト」に記載した二次元コードに誤りがあったことを明らかにした。

北海道を除く東日本エリアや沖縄県内の郵便局などで販売する「レターパックライト」にある「依頼主保管用シール」の二次元コードに誤りが判明したもの。本来、日本郵便のURLを示すものだが、無意味な文字列が表示されるという。

同社は、配送状況を調べることができる「郵便追跡サービス」そのものには問題なく、配達にも支障はないと説明。

「郵便追跡サービス」を利用する場合は、同社サイトより「問い合わせ番号」を入力して調べるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市