Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし

日本郵便は、同社が提供する「レターパックライト」に記載した二次元コードに誤りがあったことを明らかにした。

北海道を除く東日本エリアや沖縄県内の郵便局などで販売する「レターパックライト」にある「依頼主保管用シール」の二次元コードに誤りが判明したもの。本来、日本郵便のURLを示すものだが、無意味な文字列が表示されるという。

同社は、配送状況を調べることができる「郵便追跡サービス」そのものには問題なく、配達にも支障はないと説明。

「郵便追跡サービス」を利用する場合は、同社サイトより「問い合わせ番号」を入力して調べるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに
公共料金払込票を紛失、回収袋から落下か - デイリーヤマザキ
宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
研修会申込者1人のメアドを全申込者へ誤送信 - 東京都
調査業務の委託先が個人情報含む資料を紛失 - 国交省