Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし

日本郵便は、同社が提供する「レターパックライト」に記載した二次元コードに誤りがあったことを明らかにした。

北海道を除く東日本エリアや沖縄県内の郵便局などで販売する「レターパックライト」にある「依頼主保管用シール」の二次元コードに誤りが判明したもの。本来、日本郵便のURLを示すものだが、無意味な文字列が表示されるという。

同社は、配送状況を調べることができる「郵便追跡サービス」そのものには問題なく、配達にも支障はないと説明。

「郵便追跡サービス」を利用する場合は、同社サイトより「問い合わせ番号」を入力して調べるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意