Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし

日本郵便は、同社が提供する「レターパックライト」に記載した二次元コードに誤りがあったことを明らかにした。

北海道を除く東日本エリアや沖縄県内の郵便局などで販売する「レターパックライト」にある「依頼主保管用シール」の二次元コードに誤りが判明したもの。本来、日本郵便のURLを示すものだが、無意味な文字列が表示されるという。

同社は、配送状況を調べることができる「郵便追跡サービス」そのものには問題なく、配達にも支障はないと説明。

「郵便追跡サービス」を利用する場合は、同社サイトより「問い合わせ番号」を入力して調べるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も