Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ

Cisco Systemsの無線LANアクセスポイント「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性も含まれる。

20191017_cs_001.jpg
重要度が「クリティカル」とされた「CVE-2019-15260」

脆弱性によって影響を受ける製品は異なるが、「Cisco Aironet」シリーズにおいて重要度が「クリティカル(Critical)」とされる「CVE-2019-15260」をはじめ、4件の脆弱性が明らかとなったもの。

「CVE-2019-15260」は、「Cisco Aironet Access Points Software」においてデバイス上の特定のURLに対して認証なくアクセスが可能となる脆弱性。機密情報を取得したり、構成の一部を変更することが可能になるほか、サービス拒否が生じるおそれがある。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアは「9.8」。重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

またVPNで利用する「PPTP」パケットの処理に問題があり、リモートからの攻撃によってサービス拒否が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2019-15261」が判明。

さらに「Cisco Aironet」にくわえて「Catalyst 9100」も影響を受ける「CAPWAP」プロトコルの処理にもサービス拒否の脆弱性「CVE-2019-15264」が明らかとなった。同社は脆弱性の修正プログラムを用意。製品の利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測