Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS向け端末エミュレータ「iTerm2」に深刻な脆弱性

macOS向けのターミナルエミュレータ「iTerm2」にリモートよりコマンドを実行されるおそれがある深刻な脆弱性が見つかった。

「同3.3.5」および以前のバージョンにおいて、tmux統合機能に任意のコマンドを実行されるおそれがある深刻な脆弱性「CVE-2019-9535」が明らかとなったもの。「Mozillaオープンソースサポートプログラム(MOSS)」による資金援助のもと、発見されたという。

攻撃者がターミナルに出力することで脆弱性を悪用することが可能。Mozillaは、脆弱性の悪用にユーザーの介在をある程度必要としたり、トリッキーな技術が必要とする一方、一般的に安全と考えられているコマンドを介して悪用される可能性もあるとし、潜在的な脅威へ注意を払う必要があるとしている。

開発者は、緩和策を備えた「同3.3.6」がリリースした。CERT/CCは、iTerm2においてtmux統合機能は無効化できず、完全な解決策は提供されていないと指摘。開発者が示したベストプラクティスを講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正