Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラグビーW杯の便乗詐欺サイトに注意 - 「無料ライブ配信」で誘惑

国内で開催されている「ラグビーワールドカップ」の人気に便乗し、「無料ライブストリーミング中継」といった文句で誘引、クレジットカード情報をだまし取ると見られる不審なサイトが確認された。

同サイトを確認したFortinetが注意喚起を行ったもの。同社は詐欺と断定はしていないものの、宣伝文句に反して請求が行われたとの声も複数挙がっているとして注意を呼びかけている。

問題のサイトは、「rugbyworldcup」「2019rugbyworldcup」「rugbychampionship2019」といった文字列を含むドメインを用いて集客。最終的にクレジットカード情報の集客を目的としていた。

手口としては、ラグビーワールドカップの無料ストリーミングを宣伝するページに集客。同ページよりリダイレクトを介してストリーミングサイトをうたう別サイトへ誘導し、ハイビジョン動画を制限なく無料で閲覧できるなどとして、アカウントの作成を促していた。

アカウント作成後、さらに別のサイトへ誘導し、作成したアカウントを利用するためには「確認」が必要であるなどと説明。最終的にクレジットカード情報の入力させようとする。

(Security NEXT - 2019/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
金銭や個人情報狙う新型コロナ便乗詐欺に注意
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開