Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け

「Internet Explorer」に未修正の脆弱性が明らかとなり、マイクロソフトが米時間9月23日に定例外パッチをリリースした問題で、同社は再度定例外のアップデートをリリースした。

パッチの対象となった「CVE-2019-1367」は、「IE」のスクリプトエンジンにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性。細工されたウェブページを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある。

ゼロデイ攻撃が確認されていたことから、同社では定例外となる9月23日に急遽セキュリティ更新プログラムをリリース。しかし、修正プログラムを適用すると、印刷において問題が発生する可能性があったという。

同社は不具合の判明を受けて、累積的な更新や月例ロールアップなども含め、再度不具合へ対処した修正プログラムを、同じく定例外となる米時間10月3日にリリースした。

次回の米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」の10月8日に予定する月例セキュリティ更新とは異なるアップデートであると説明している。

アップデートは、「Windows Update」や「WSUS(Windows Server Update Services)」を通じて自動配信されるほか、手動による適用も可能としている。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Chrome 89.0.4389.90」がリリース - ゼロデイ脆弱性に対処
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生