Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け

「Internet Explorer」に未修正の脆弱性が明らかとなり、マイクロソフトが米時間9月23日に定例外パッチをリリースした問題で、同社は再度定例外のアップデートをリリースした。

パッチの対象となった「CVE-2019-1367」は、「IE」のスクリプトエンジンにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性。細工されたウェブページを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある。

ゼロデイ攻撃が確認されていたことから、同社では定例外となる9月23日に急遽セキュリティ更新プログラムをリリース。しかし、修正プログラムを適用すると、印刷において問題が発生する可能性があったという。

同社は不具合の判明を受けて、累積的な更新や月例ロールアップなども含め、再度不具合へ対処した修正プログラムを、同じく定例外となる米時間10月3日にリリースした。

次回の米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」の10月8日に予定する月例セキュリティ更新とは異なるアップデートであると説明している。

アップデートは、「Windows Update」や「WSUS(Windows Server Update Services)」を通じて自動配信されるほか、手動による適用も可能としている。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 98」がリリースに - 脆弱性7件を解消
「Spring Core」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」の指摘
「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに
Apple、「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」でゼロデイ脆弱性を修正
行政の共通認証「GビズID」、「Spring4Shell」の影響なし
Apple、複数のゼロデイ脆弱性を解消した「macOS Monterey 12.3.1」をリリース
行政サービスの共通認証「GビズID」が停止 - 「Spring4Shell」影響で
Google、「Chrome 100」を公開 - 複数の脆弱性を解消
「Firefox」が緊急アップデート - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「Adobe Commerce」「Magento」に今月2度目の緊急パッチ