Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁

Atlassianの「Jira Server」「Jira Data Center」に深刻な脆弱性「CVE-2019-11581」が見つかった問題で、脆弱性を探索するアクセスが観測されている。

「CVE-2019-11581」は、テンプレートを挿入し、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性で、7月10日に公表された。「Jira Server」「Jira Data Center」のほか、「Jira Software」「Jira Core」「Jira Service Desk」などにも影響がある。

警察庁によると、すでに脆弱性の悪用が可能となるコードが国外で公開されており、8月1日以降、同庁の観測システムにおいてTCP 80番ポートやTCP 8080番ポートに対し、脆弱性の有無を確認する探索行為と見られるアクセスを観測しているという。

同庁では、製品を最新版へ更新し、適切なアクセス制御を実施するよう呼びかけるとともに、脆弱な状態で外部へ公開していた場合は、侵害を受けていないか確認するよう注意を呼びかけている。

20191003_np_002.jpg
「CVE-2019-11581」に対する探索行為の推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に