Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新

Appleは、スマートデバイス向けに最新版OSとなる「iOS 13.1.2」「iPadOS 13.1.2」をリリースした。9月19日以降、メジャーバージョンアップを含め3度目の更新となる。

同社は、9月19日にリリースしたメジャーバージョンアップ「iOS 13」を公開。ダークモードの追加といった機能強化やバグの修正のほか、CVEベースで9件の脆弱性に対処した。

公開当初、修正内容は明らかにしていなかったが、その後「メッセージ」や「クイックルック」「Safari」「WebKit」関連の脆弱性を修正したほか、Bluetoothやオーディオ処理における問題などへ対処したことを明らかにしている。

一方、同バージョンにおける不具合の指摘もあり、同社では「iOS 13」のアップデートを含む「iOS 13.1.1」「iPadOS 13.1.1」を9月27日にリリース。さらに「Sandbox」がバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2019-8779」を追加で修正した。

さらに同社は、追加でバグの修正を実施した「iOS 13.1.2」「iPadOS 13.1.2」を9月30日に急遽公開。わずか3日間という短いスパンであらたな更新をリリースした。ただし、同バージョンに関しては、CVEが採番された脆弱性への対応は含まないとしている。

「iOS 13」および「iOS 13.1.1」「iPadOS 13.1.1」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8641
CVE-2019-8674
CVE-2019-8704
CVE-2019-8705
CVE-2019-8711
CVE-2019-8727
CVE-2019-8731
CVE-2019-8742
CVE-2019-8760
CVE-2019-8779

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正