Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新

Appleは、スマートデバイス向けに最新版OSとなる「iOS 13.1.2」「iPadOS 13.1.2」をリリースした。9月19日以降、メジャーバージョンアップを含め3度目の更新となる。

同社は、9月19日にリリースしたメジャーバージョンアップ「iOS 13」を公開。ダークモードの追加といった機能強化やバグの修正のほか、CVEベースで9件の脆弱性に対処した。

公開当初、修正内容は明らかにしていなかったが、その後「メッセージ」や「クイックルック」「Safari」「WebKit」関連の脆弱性を修正したほか、Bluetoothやオーディオ処理における問題などへ対処したことを明らかにしている。

一方、同バージョンにおける不具合の指摘もあり、同社では「iOS 13」のアップデートを含む「iOS 13.1.1」「iPadOS 13.1.1」を9月27日にリリース。さらに「Sandbox」がバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2019-8779」を追加で修正した。

さらに同社は、追加でバグの修正を実施した「iOS 13.1.2」「iPadOS 13.1.2」を9月30日に急遽公開。わずか3日間という短いスパンであらたな更新をリリースした。ただし、同バージョンに関しては、CVEが採番された脆弱性への対応は含まないとしている。

「iOS 13」および「iOS 13.1.1」「iPadOS 13.1.1」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8641
CVE-2019-8674
CVE-2019-8704
CVE-2019-8705
CVE-2019-8711
CVE-2019-8727
CVE-2019-8731
CVE-2019-8742
CVE-2019-8760
CVE-2019-8779

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開