Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ

AMDが提供するグラフィックプロセッサ「Radeon」のドライバに、特定条件下でリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

Cisco SystemsのTalosチームに所属する研究者が脆弱性を発見したもの。「ATIDXX64.DLL」のシェーダー機能にリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-5049」が存在するという。

同脆弱性は、「Radeon RX 550」および同シリーズを導入したWindows端末上で「VMWare Workstation Pro」を利用している際に影響を受ける。

ゲストマシンで共有されるドライバにおいて境界外のメモリに書き込むことが可能となり、ホストの権限でコードの実行が可能になる。

脆弱性を発見した研究者は5月8日にAMDへ報告。AMDでは脆弱性を修正するパッチを9月16日にリリースした。OEM製品については提供元へ問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開