Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、第三者が本人になりすましてオンラインサービスへ不正にログインする攻撃のリスクを低減する「多要素認証」の設定手順を紹介している。

同機構が設置する相談窓口に、不正ログインによる被害相談が多数寄せられていることから、同機構では、被害を未然に防ぐための対策を紹介する特設ページを用意。被害の概要やパスワードの管理方法などを紹介している。

同ページでは、主要オンラインサービスにおける多要素認証の設定手順についても紹介しており、今回あらたに「Microsoft」および「Yahoo! JAPAN ID」の設定方法についても手順書を用意した。

また従来より公開している「Apple ID」「Google」についても、手順書をアップデートしている。対象サービスについては、今後も順次追加していく予定。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
東大関係者を装った迷惑メールに注意 - 学外から実在しないメアドで
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害