Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大

関西国際大学は、教員免許状の更新講習受講者に対するメールで送信ミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同大によれば、8月20日に2019年度教員免許状更新講習の受講者へ受講の礼状をメールで送信したところ、操作ミスが発生したもの。全受講者1119人のうち499人について、氏名とメールアドレスが表示された状態で送信された。

今回の問題を受けて同大では関係者へ謝罪。関係者に対する連絡方法などについて見直しを図るなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団