Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大

関西国際大学は、教員免許状の更新講習受講者に対するメールで送信ミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同大によれば、8月20日に2019年度教員免許状更新講習の受講者へ受講の礼状をメールで送信したところ、操作ミスが発生したもの。全受講者1119人のうち499人について、氏名とメールアドレスが表示された状態で送信された。

今回の問題を受けて同大では関係者へ謝罪。関係者に対する連絡方法などについて見直しを図るなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガに他人の氏名、送信データの編集ミスで - 日和ホテルズ&リゾーツ
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本