Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出

みずほ銀行が提供するコード決済サービス「J-Coin Pay」の一部システムが不正アクセスを受け、加盟店に関する情報が流出した可能性があることがわかった。

みずほフィナンシャルグループによれば、同サービスの加盟店を管理するテスト用システムが不正アクセスを受けたことが8月27日に判明したもの。

同システムには、同サービス加盟店の法人情報7930件をはじめ、法人代表者や窓口連絡担当者1万539件の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、一部代表者の生年月日などを保存。また同サービスに参画する金融機関名32件が含まれる。

調査を行ったところ、人為的ミスによる設定の不備で、テスト用システムに対し、インターネット経由でアクセスできる状態になっていたという。

(Security NEXT - 2019/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明