Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan

Arcserve Japanは、企業向けクラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve UDP Cloud Direct」を提供開始する。

「Arcserve UDP Cloud Hybrid」は、バックアップリカバリーソリューション「Arcserve Unified Data Protection」を導入済みの企業向けサービス。

オンプレミスのバックアップデータをクラウド上に複製するハイブリッドのバックアップサービスで、クラウド上のデータは代替の仮想マシンより起動できる。

データの複製先は、国内にある2カ所のリージョンより選択でき、料金は、東日本リージョンの場合、1Tバイトあたり年間19万2000円。西日本リージョンは4Tバイトあたり年間81万6000円。いずれも税別。

「Arcserve UDP Cloud Direct」は、米国内のデータセンターで稼働するクラウド環境へ直接バックアップするサービス。初回以降は更新データのみ転送し、代替の仮想マシンより起動できる。料金は1Tバイトあたり税別で年間36万円。

(Security NEXT - 2019/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性