Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan

Arcserve Japanは、企業向けクラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve UDP Cloud Direct」を提供開始する。

「Arcserve UDP Cloud Hybrid」は、バックアップリカバリーソリューション「Arcserve Unified Data Protection」を導入済みの企業向けサービス。

オンプレミスのバックアップデータをクラウド上に複製するハイブリッドのバックアップサービスで、クラウド上のデータは代替の仮想マシンより起動できる。

データの複製先は、国内にある2カ所のリージョンより選択でき、料金は、東日本リージョンの場合、1Tバイトあたり年間19万2000円。西日本リージョンは4Tバイトあたり年間81万6000円。いずれも税別。

「Arcserve UDP Cloud Direct」は、米国内のデータセンターで稼働するクラウド環境へ直接バックアップするサービス。初回以降は更新データのみ転送し、代替の仮想マシンより起動できる。料金は1Tバイトあたり税別で年間36万円。

(Security NEXT - 2019/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生