Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan

Arcserve Japanは、企業向けクラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve UDP Cloud Direct」を提供開始する。

「Arcserve UDP Cloud Hybrid」は、バックアップリカバリーソリューション「Arcserve Unified Data Protection」を導入済みの企業向けサービス。

オンプレミスのバックアップデータをクラウド上に複製するハイブリッドのバックアップサービスで、クラウド上のデータは代替の仮想マシンより起動できる。

データの複製先は、国内にある2カ所のリージョンより選択でき、料金は、東日本リージョンの場合、1Tバイトあたり年間19万2000円。西日本リージョンは4Tバイトあたり年間81万6000円。いずれも税別。

「Arcserve UDP Cloud Direct」は、米国内のデータセンターで稼働するクラウド環境へ直接バックアップするサービス。初回以降は更新データのみ転送し、代替の仮想マシンより起動できる。料金は1Tバイトあたり税別で年間36万円。

(Security NEXT - 2019/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
脆弱性の届出、前四半期の約3分の2に - ウェブ関連が半減
Google、「Chrome 95」をリリース - 19件のセキュリティ修正
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県