Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan

Arcserve Japanは、企業向けクラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve UDP Cloud Direct」を提供開始する。

「Arcserve UDP Cloud Hybrid」は、バックアップリカバリーソリューション「Arcserve Unified Data Protection」を導入済みの企業向けサービス。

オンプレミスのバックアップデータをクラウド上に複製するハイブリッドのバックアップサービスで、クラウド上のデータは代替の仮想マシンより起動できる。

データの複製先は、国内にある2カ所のリージョンより選択でき、料金は、東日本リージョンの場合、1Tバイトあたり年間19万2000円。西日本リージョンは4Tバイトあたり年間81万6000円。いずれも税別。

「Arcserve UDP Cloud Direct」は、米国内のデータセンターで稼働するクラウド環境へ直接バックアップするサービス。初回以降は更新データのみ転送し、代替の仮想マシンより起動できる。料金は1Tバイトあたり税別で年間36万円。

(Security NEXT - 2019/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス