Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で

Fortinet製品向けOS「FortiOS」や、Pulse Secureの「Pulse Connect Secure(PCS)」などが備える「SSL VPN」機能に複数の脆弱性が見つかった問題で、悪用コードが公開され、実際に攻撃が観測されはじめた。利用者は注意が必要だ。

セキュリティ研究者のMeh Chang氏とOrange Tsai氏が複数ベンダーのセキュリティゲートウェイが備える「SSL VPN機能」について脆弱性を発見。報告を受けたセキュリティベンダーではアドバイザリを公開し、すでにアップデートがリリース済みだが、8月に入り、脆弱性の詳細やエクスプロイトコードが公開されたことから、実際に悪用する動きが広がっている。

Fortinetでは、脆弱性の報告を受けて5月にアップデートを実施しているが、そのひとつであるウェブインタフェースに見つかったパストラバーサルの脆弱性「CVE-2018-13379」に対する攻撃が確認された。

同脆弱性は、細工したHTTPリクエストによりシステムからファイルを取得することが可能となるもので、ユーザー名やパスワードを取得されるおそれがある。「FortiOS」に関しては、攻撃者のウェブサーバをプロクシとして利用できるヒープオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-13381」やバックドアなども明らかとなっている。

(Security NEXT - 2019/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ