Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性

ネットワークインフラの管理ツールである「Cisco UCS Director」など複数製品に、リモートより悪用されるおそれがある深刻な脆弱性が明らかとなった。同社では脆弱性へ対処したアップデートを提供している。

「Cisco UCS Director」において認証のバイパスが可能となる脆弱性3件「CVE-2019-1937」「CVE-2019-1938」「CVE-2019-1974」が明らかとなったもの。さらにデフォルトパスワードが設定されたアカウントがハードコードされている脆弱性「CVE-2019-1935」が含まれる。

これら脆弱性は、リモートの第三者によって悪用が可能であり、管理者権限などで操作されるおそれがある。

「CVE-2019-1937」「CVE-2019-1974」「CVE-2019-1935」に関しては、「Cisco UCS Director Express for Big Data」「Cisco Integrated Management Controller(IMC) Supervisor」にも存在。

一方「CVE-2019-1938」は、「Cisco UCS Director Express for Big Data API」も影響を受ける。

同社は、脆弱性の重要度についていずれも4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。アップデートを用意しており、利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で