Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ

Adobe Systemsは、同社マーケティングツール「Adobe Experience Manager(AEM)」向けにセキュリティアップデートをリリースした。早急な対応を呼びかけている。

同製品で「SAML(Security Assertion Markup Language)」を利用している環境において、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2019-7964」が明らかとなったもの。

問題の脆弱性は、「同6.5」「同6.4」に影響があるとし、同社は脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。「HOTFIX 30379 for AEM 6.4.0」「HOTFIX 30379 for AEM 6.5.0」を用意した。

適用優先度についても3段階中もっとも高い「1」としており、3日以内を目安に早急に更新するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で