Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ

Adobe Systemsは、同社マーケティングツール「Adobe Experience Manager(AEM)」向けにセキュリティアップデートをリリースした。早急な対応を呼びかけている。

同製品で「SAML(Security Assertion Markup Language)」を利用している環境において、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2019-7964」が明らかとなったもの。

問題の脆弱性は、「同6.5」「同6.4」に影響があるとし、同社は脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。「HOTFIX 30379 for AEM 6.4.0」「HOTFIX 30379 for AEM 6.5.0」を用意した。

適用優先度についても3段階中もっとも高い「1」としており、3日以内を目安に早急に更新するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正