Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ

ボルボ・カー・ジャパンは、直営店「ボルボ・カー虎ノ門」において、顧客向けの案内メールに顧客情報含むファイルを誤って添付して送信したことを明らかにした。

同社によれば、7月18日、商品情報に関するメールを顧客29人に送信した際、担当者の操作ミスにより顧客2940人の個人情報が記載された表計算ファイルを誤って添付したという。氏名や住所、電話番号、メールアドレスの一部、購入を検討している車種などが含まれる。

メールを受信した顧客からの連絡で判明。同社では、誤送信先となった28人と連絡がつき、誤送信したファイルについて削除の同意を得た。のこる1人に対しても引き続き連絡を試みるとしている。

また個人情報が流出した顧客に対しては、書面を通じて謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
案内メールを「CC」送信でメアド流出 - 朝日新聞
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出