Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に

オーストラリアサイバーセキュリティセンター(ACSC)は、大規模なパスワードスプレー攻撃が展開されているとして注意を呼びかけた。

パスワードスプレー攻撃は、一般的に用いられることが多い安易なパスワードを使用しつつも、特定のIDに対する連続攻撃を避け、アカウントのロックを避けつつ、ログインを試行する攻撃手法。「low-and-slow攻撃」や「リバースブルートフォース攻撃」などと呼ばれることもある。

同じIDに対してログインの試行を連続して行わず、大量に用意したリストに対して単一のパスワードを試行していくことで特定のIDに対する攻撃間隔を広げてシステムにおける異常検知などを回避。同一組織内で大量のエラーが集中しないよう、組織横断的なリストが用いられるケースもある。

同センターによると、オーストラリア国内の組織に対する大規模なパスワードスプレー攻撃が展開されているという。外部へ公開されている「ウェブメール」や「リモートデスクトップアクセス」「Active Directoryフェデレーションサービス(ADFS)」などが標的となっていた。

同国外に対する攻撃状況については言及していないが、国をまたがって攻撃が展開されている可能性もあり、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
アカウント流出の可能性がある対象者の件数を訂正 - 弥生
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
保育関係者向けサイトに不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出
従業員アカウントに不正アクセス、取引先情報流出のおそれ - オリコン
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
ファッション情報サイトに不正アクセス - 登録会員情報が流出か
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀