Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス

マカフィーは、電力事業者向けのコンサルティングサービス「電力制御システムセキュリティガイドライン対応支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、日本電気技術規格委員会(JESC)が電気事業者が実施すべき電力制御システムのセキュリティ対策の要求事項を規定した「電力制御システムセキュリティガイドライン JESC Z0004(2016)」への対応方針を評価し、準拠を支援するもの。

同ガイドラインの要求事項へ適正に準拠できているか評価。リスク評価に基づき、管理面および技術面においてコンサルティングや推奨する対策などをまとめたレポートを提供する。

ガイドラインへの対応方針や対応方法を検討中の事業者向けには「電力制御システムセキュリティガイドライン対応支援サービス」を提供。

またガイドラインへの対応方針を検討済みの事業者には「電力制御システムセキュリティガイドライン対応評価支援サービス」を用意している。料金はいずれも540万円から。

(Security NEXT - 2019/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
インシデント初動対応の準備を支援するサービス - BBSec
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア