Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究

ココンと産業技術総合研究所は、高機能暗号を用いて社会の課題を解決することを目指し、共同研究を開始した。

同共同研究は、金融やヘルスケアなど高度な機密性が求められ取り扱いの難しい分野におけるデータ利活用を目指し、セキュリティとプライバシーを確保したうえで情報の保有や処理を行う技術について研究する。

ココンでは、データの取り扱いが難しい分野でのユースケースを検討してモデル化。産総研では、構築したモデルに最適な暗号技術の選定や設計を担当。共同で社会課題の解決を目指す。

具体的には、「クラウド上での秘匿性を担保したうえでの検索技術」や「秘匿化された機械学習エンジンを用いたセキュアなAI」「秘密計算技術を用いて秘匿化された状態での統計処理」などを挙げている。

(Security NEXT - 2019/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府