Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者

廃棄物の収集やリサイクル事業を展開するオガワエコノスは、顧客へ郵送した口座振替案内ハガキに問題があり、内容が見える状態だったことを明らかにした。

同社によれば、7月10日に「口座振替のお知らせ」のハガキ約800件を顧客に対して郵送したが、圧着が不十分だったため、内容が見える状態だったという。

ハガキには、引き落とし金融機関名と支店名、預金種別、口座番号の上4桁、品名備考、請求金額の一部もしくは全部が記載されていた。

同社では、原因の究明と再発防止策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2019/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

名義変更ハガキを旧名義人に誤送付、システム不備で - 東電EP
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
ユーザー車検代行利用者へのアンケートで誤送付 - 国交省
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
Twitterにイベント応募者の個人情報含む写真を投稿 - 大阪市立科学館
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市