Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水道メーター交換案内に別人の情報を記載 - 糸満市

沖縄県糸満市は、水道メーターの交換を案内するハガキにおいて、別人の氏名と住所を通知するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、6月7日に水道メーターの交換対象者457人へ案内ハガキを発送したが、宛名とは別人の水道名義人やメーター設置住所をハガキに記載していたという。

6月9日、ハガキを受け取った住民より連絡があり問題が判明。同市では謝罪するとともに返信用封筒や記載ミスのない案内を再度送付した。

(Security NEXT - 2023/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業