Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、楽天証券やマネックス証券を処分 - システム障害で

東京証券取引所は、違反行為があったとして楽天証券やマネックス証券に対して処分を行った。

東証では両社について、ネット専業証券会社として安定したシステムの整備が求められるものの、管理体制が不十分だったとし、過怠金300万円の処分を行い、あわせて両社に対して業務改善報告書の提出を求めた。

マネックス証券では、2006年に業務改善命令を受けているが改善策の実施に問題があり障害が発生。一方楽天証券において、2008年11月や2009年1月、長時間にわたる受注停止や遅延が発生。金融庁では、証券取引等監視委員会の勧告を受け両社に対して業務停止命令を出している。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
グリコ、冷蔵食品の出荷再開を延期 - 約150億円の売上減を予想
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
サイトで閲覧障害、影響や詳細を調査 - メディキット
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市
光学メーカーのHOYA、生産供給体制が概ね復旧 - 情報流出の影響を調査
グリコでシステム障害、冷蔵食品を出荷停止 - 再開は5月中旬予定