Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず

バーコードを利用したモバイル決済サービス「7pay」が不正アクセスを受けた問題で、経済産業省は、決済事業者に対して不正利用防止に向けて各種ガイドラインの遵守を徹底するよう要請した。

セブン&アイグループが展開するコード決済サービス「7pay」が不正アクセスを受け、不正利用の被害が発生したことを受け、あらためて決済事業者に対し、不正利用対策の徹底をあらためて求めたもの。

詳しい原因については調査中だが、「7pay」に関して、キャッシュレス推進協議会が策定したガイドラインが遵守されていなかったと同省は指摘。

キャッシュレス推進協議会は、同省や関連企業など参加する産学官による枠組みで、セブン・ペイやセブン-イレブン・ジャパンなど、セブン&アイグループ3社が同協議会の会員として参加している。

(Security NEXT - 2019/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5月のフィッシング報告、前月比34.6%増 - 過去3番目の規模に
2023年の悪質ECサイト通報件数、前年比1.6倍 - JC3レポート
「クレジットカード・セキュリティガイドライン5.0版」が公開
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
ランサムウェア感染組織の平均被害金額は2386万円 - JNSA調査
金融庁、銀行間振込のシステム障害で報告徴求命令
フィッシング報告、前月比約15%減 - 4カ月ぶりに10万件下回る