Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性

ソニーが2003年1月から2014年1月までに販売したVAIO製パソコンに搭載されたアップデートソフトに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、ドライバやソフトウェアのアップデート機能を提供するソニー製ソフトウェア「VAIO Update」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになったもの。

任意の実行ファイルを管理者権限で実行する脆弱性「CVE-2019-5981」や、ダウンロードファイルの検証処理に問題があり、中間者攻撃を受けた際、不正なファイルを取得、実行するおそれがある脆弱性「CVE-2019-5982」が存在する。

これら脆弱性は、Device Securityが情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

これら脆弱性は「VAIO Update 7.4.0.15200」以降で修正されているという。今回、同ソフトにダウンロードファイルの検証不備における脆弱性が明らかとなっているが、同社は修正版へのアップデート方法について、インターネットへ接続した状態で同ソフトを起動することにより適用できると説明している。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も