Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処

Appleは、同社の「AirPort(AirMac)」向けに複数の脆弱性へ対処したファームウェアのアップデートをリリースした。

「AirPort Express」「AirPort Extreme」「AirPort Time Capsule base stations」向けに複数の脆弱性を修正するアップデート「AirPort Base Station Firmware Update 7.8.1」をリリースしたもの。

5月末に「同Extreme 802.11ac」「同Time Capsule base stations 802.11ac」向けにリリースされた「AirPort Base Station Firmware Update 7.9.1」とは異なるアップデートとなる。

今回のアップデートでは、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-8578」「CVE-2019-8572」のほか、サービス拒否や情報漏洩、メモリリークなど、あわせて8件の脆弱性を修正した。修正の対象となる脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8581
CVE-2019-8588
CVE-2019-8578
CVE-2018-6918
CVE-2019-8575
CVE-2019-7291
CVE-2019-8580
CVE-2019-8572

(Security NEXT - 2019/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者