Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ

Adobe Systemsが提供する「ColdFusion」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

20190612_as_002.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

「同2018」「同2016」「同11」にファイル拡張子のブラックリストをバイパスされる脆弱性「CVE-2019-7838」をはじめ、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2019-7839」、信頼おけないデータをデシリアライズする「CVE-2019-7840」が明らかとなったもの。

いずれも重要度は、3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされており、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。脆弱性の悪用は確認されていない。

同社は、すべてのプラットフォームに対し、脆弱性を修正した「同2018 Update 4」「同2016 Update 11」「同11 Update 19」をリリース。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」としており、30日以内を目安にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正