Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ

Adobe Systemsが提供する「ColdFusion」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

20190612_as_002.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

「同2018」「同2016」「同11」にファイル拡張子のブラックリストをバイパスされる脆弱性「CVE-2019-7838」をはじめ、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2019-7839」、信頼おけないデータをデシリアライズする「CVE-2019-7840」が明らかとなったもの。

いずれも重要度は、3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされており、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。脆弱性の悪用は確認されていない。

同社は、すべてのプラットフォームに対し、脆弱性を修正した「同2018 Update 4」「同2016 Update 11」「同11 Update 19」をリリース。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」としており、30日以内を目安にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース