Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を

くわえてアップデートがリリースされる前月の2017年10月にサポートが終了した「Office 2007」に対しても、「CVE-2017-11882」を修正するアップデートがリリースされた。

さらに数式エディタに関しては、その後別の脆弱性も明らかとなり、2018年1月のセキュリティ更新によって「Office 2007」以降の同機能そのものが削除されている。

「CVE-2017-11882」は公開当初、悪用の可能性は低いとされていた。しかし公表より2週間ほどで攻撃が発生。その後は国内に対する標的型攻撃をはじめ、広く悪用されている

マイクロソフトは、今回の攻撃に限らず、「CVE-2017-11882」の悪用が引き続き確認されていると指摘。利用者に対し、アップデートを強く推奨するとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート